ニキビケア

ニキビケア

思春期ニキビや大人ニキビを治すには、正しいニキビケアが大切です。

ニキビケア > ニキビケア

思春期ニキビケア

10代の頃にできる思春期ニキビは、ホルモンが活発に働くことで皮脂が過剰になることで起こることが第一の原因です。
よく、チョコレートを食べすぎたからといわれますが、医学的には根拠のないことで都市伝説のようなものです。
ニキビができる原因は色々な要素がいろいろな要素が絡んでいますが、発生しないように予防することは可能です。それには、正しい知識と医学的に導かれた、適切なスキンケアが必要です。

思春期ニキビケアの基本は、肌を常に清潔な状態に保つことであり、炎症を抑えることです。ニキビは悪化させてしまうと、治った後もニキビ痕が残ってしまうので、洗顔で毛穴の汚れや余分な皮脂をきちんと洗い流し、薬用化粧品で炎症を鎮める必要があります。

大人のニキビケア

大人の肌は、思春期と違い、年齢と共にホルモンバランスの乱れ、ストレスなどが原因となって、新陳代謝が乱れやすくなります。そのため、10代の時に比べ繊細な上、回復が遅くなっていることから、ニキビの治りも遅いのです。
大人のニキビケアは、ニキビの根本原因である毛穴詰まりの改善が大切であり、十分な保湿が必要です。洗顔した後には、肌へ化粧水だけをつけるのではなく美容液や乳液などの保湿成分をカバーして下さい。また、紫外線は肌を傷めるので、外出する際には必ず日焼け止めを使用することをオススメします。

ニキビケア方法

ニキビにもそれぞれ特徴があるので、肌へ痕を残さずにキレイに治すためには、正しい知識を把握してから、早く正しいケア方法を取り入れることが美しい肌を保つためのやり方です。

思春期ニキビは、成熟していない毛穴に過剰な皮脂が溜まることから発生します。思春期ニキビは皮脂量を管理することで予防、治療できますが、炎症が生じた場合は別途、治療が必要になります。洗顔やスキンケアコスメなどで脂っぽくない肌質へ改善していくことが基本的なケア方法となります。

大人ニキビは、お肌の乾燥が主な原因で、角質の水分量が減りニキビが発生しやすくなります。なので、乾燥しないような肌を作り上げていくことが重要なのです。

ニキビケア トップへ戻る